新人合宿研修のねらい!新人が学ばなければいけないことを叩き込む!


社会人としての常識は必要

新人研修では学生と社会人の狭間にいる人たちが集まります。そう考えると、社会人としての常識が足りない人が多いのです。学生気分が抜けないままだと、入社後に苦しくなります。新人合宿研修の狙いの一つに社会人になってもらうことがあるのです。そのためには、社会人の常識は必須でしょう。遅刻をしない、敬語を使うなど社会人としては当たり前でも、学生では守れない人も少なくないです。そのような学生気分を抜くという目的には合宿は役立ちます。集団行動をすることで、全員で学生から社会人になってもらいましょう。そこで常識を学べば、入社後も役立ちます。

マナーは最低限学ばせる

新人研修ではマナーは重要なファクターです。新人はマナーが足りないと怒られることが多いです。そうならないために新人研修で学んでおきます。身だしなみから、挨拶までマナーは身に付くまで何度も繰り返す必要があるでしょう。研修の期間だけでは足りないかもしれませんが、気を付けるきっかけにはなります。それがあるだけでも、配属後に役立つことにります。マナーは反復練習が必要ですので、研修期間はずっとマナーを注意し続けることが大事です。

先輩に可愛がられること

新人研修では先輩に可愛がられるということを教えるのも大事です。研修期間だけでは新人の研修は足りないですので、先輩が現場で仕事と一緒に色々なことを教えます。その先輩から嫌われては新人は成長できないでしょう。そう考えると、先輩と上手く関係を築くことを研修期間中に教えることは有意義なのです。

会社に就職した際、またはアルバイトなどを始める時に、これから業務を行うのにあたり、必要となることを学ぶ研修があります。それが新人研修です