上司と部下の溝はマネジメント思考で乗り越える


ミスコミュニケーションを解消する社員研修

若手社員と年配上司とは、構造的にミスコミュニケーションが生まれやすく、お互いがお互いの立場を主張するだけのコミュニケーションでは、対立することもあります。しかし、両者が自分の実現したいことを要望するのではなく、共に所属する組織の目標達成という視点に立つと、お互いの共通点が見出せるのです。そのため管理職以外の社員に対しても、「マネジメント思考」をテーマとした社員研修を実施する企業が増加しています。若手社員がマネジメント思考を学ぶことで、年配上司との利害が一致する落としどころを見つけやすくなるのです。

マネジメント思考を学ばせる意味

マネジメント思考とは、経営者に共通して必要とされる考え方やスキルを分析し、それを体系化したものです。この経営者目線を身につけさせることが、社員研修でマネジメント思考を扱うことの目的となります。経営者であっても一般社員であっても、本来ならば組織の売上目標達成を目指す同じチームであるべきです。このマネジメント思考は効率的かつ効果的な業務遂行につながりますので、社員研修ではできるだけ多くの経営者の実例を紹介し、反復的な思考トレーニングをすることが推奨されています。そして効率的かつ効果的な働き方ができるようになることで、仕事のやりがいも手に入るのです。実際に受講した若手社員からは「マネジメント思考を学んだことで上司の考え方を理解できただけでなく、上司が自分を評価するポイントもわかりました」という声が上がっています。目の前の業務に忙殺されている社員にこそ、マネジメント思考をレクチャーする価値があるのです。

管理職研修は会社の目標実現の役割を持つ管理職のスキルアップに役立つものと位置づけられており、研修を請け負うサービスも数多く見受けられます。