適正検査の種類や効果の出る実施方法について


適性検査の種類や選び方

現在さまざまな適性検査が、就職の際の選抜や昇進試験向けに存在しています。これらの検査を大きく分類すると、基礎的な作業や能力を測るものと業務の遂行能力を予測するものに分けられます。検査の内容には、例えば計算をすばやくさせたり職業に対する興味をたずねたりするものがあります。

適性検査を行うのは、採用や昇進の場所で最適の人を選ぶ助けにするのが主な目的です。また、面接と合わせて選抜の重要資料とされることも多くなっています。特に大手の企業や応募者が多数の場合は足切などもあり、第一選抜の資料として重要視されます。

では、適性検査の中から、目的に合わせて最適なものを選ぶにはどうしたらよいでしょうか。まず、人材の選抜などの場合は、最も検査したい項目をいくつか取り上げます。例えば、他所へ出向いて契約をとらなくてはいけない営業職の場合は、行動力や積極性などの属性に注目できます。適切な検査項目を選べたら、それを部署や業務の特性をすり合わせて自社の採用ポリシーなどに合っているか確認しましょう。

適性検査は適切に実施すれば優秀な人材を確保できる

次に、適性検査を用いて人材を選び出すために、採用や昇進試験の場所で道具や紙を配布して実施をします。この時に注意したいのが、あまり多くの検査を課さない方がよいということです。選抜の場では、他にも応募者に面接や討論などを行わなければいけません。採点や判定作業が必要になるので、一人につき検査の数を多くしてしまうとそれを判断する時間も多くかかってしまいます。

適性検査を適切に利用できれば、将来の自社の事業を支える人材を確保できたり、管理職として最適な人材を選び出したりできるでしょう。

車の免許を取得する際に適性検査を受けますが、これはとても重要なものです。どのような性格かによって、運転時に注意すべき点が変わってくるからです。それを知るためにこの検査は行われます。